宇都宮の人気ステーキ店「いづつや」へ行ってきた

栃木県宇都宮市にある人気ステーキ店「いづつや」に行ってきました。

ランチや夕食時にはとても混雑しているのですが、今回は夜9時過ぎに訪問したので混んでいませんでした。

▲入口付近には使用している和牛の識別番号が掲示してあります。

 

▲ステーキを注文すると、オードブル・スープ・サラダ・デザートが食べ放題です。

オードブルは種類が豊富でどれもこれも食べたくなりますが、ステーキが待っているのでグッとこらえました。

 

▲今回は、タコの唐揚げ、タコのカルパッチョ、生ハムメロンをいただきました。

僕はタコが好きなのかもしれない。

生ハムメロンは子供の頃は許せない存在でしたが、今食べると美味しいですね(*´∀`)

 

▲そしていよいよステーキ登場。

店員さんがソースをかけてくれます。はねないように紙ナプキンでフタをしてくれます。

 

▲注文したのは、サーロインステーキ300g。焼き方はミディアムレアで。

和牛ステーキもあって、そちらも気になったのですが次回のお楽しみということで。

 

▲ステーキはあまり食べ慣れてないのでこの焼き加減がどうなのかわかりませんが、ほぼレア状態でした。

今まで赤身肉はあまり好んで食べてきませんでしたが、さっぱりしていておいしい!

いくらでも食べられそうな感じでした。

 

▲肉の厚みがすごい。

 

▲+500円でライスから変更可能な和牛入り焼き飯。

鉄板で提供されるので、おこげができます。

ただ、個人的には普通のライスで良かったかも。

 

▲食後にはチーズケーキとチョコレートケーキもいただきました。

食べ放題とは思えない美味しさでした!

 

▲ラストは紅茶でフィニッシュ。

紅茶もとてもおいしかったです。

 

 

まとめ

前から気になっていたお店で、今回訪問できて嬉しかったです。

今まで僕は脂の乗ったお肉が好きだと思っていましたが、赤身肉の美味しさを知りました。

端っこの方に少しあぶら身の塊みたいなものがあり、ちょっとだけ残念でしたがとてもおいしかったです!

また、オードブルの種類も豊富で味もとてもおいしかったです。

また訪問したいお店です。

 

 

関連ランキング:ステーキ | 宇都宮

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。