実際に作って美味しかったネットのレシピ5選!

僕は料理を作るときには、インターネットのレシピを参考にします。

クックパッドはレシピを人気順に見たいがためにプレミアム会員にもなっています。

今回は実際に作ってみて、美味しかったレシピを5つ紹介したいと思います!

 

豚肉と手抜き洋風炒め

はらぺこグリズリーさんという方のブログからです。

このレシピは簡単で美味しいので、何回も作っています。

ただ味付けが濃い目なので、そのあたりは調整が必要かもしれません。

 

おいし~い☆うちの回鍋肉

これもお気に入りのレシピです。

レシピにも書いてありますが、肉を丸めてから焼くのがポイントです。

普通の切り落とし肉がジューシーに仕上がります。

 

肉マニア考案若鶏もも肉のうまいうまい焼き

これは初めて作ったときに感動したレシピです。

すりごまを大量に使うのですが、そのごまの風味がとても美味しいレシピです。

 

牛肉と玉ねぎの甘辛炒め

これはご飯がとても進みます。

肉を片栗粉で揉み込むので、トロトロな食感になります。

ただ、砂糖を結構な量使うので、そのあたりはオリゴ糖に変えるなど工夫が必要そうです。

 

大分の隠れグルメ!本当に美味しいニラ豚♪

このレシピはまだ一度しか作ってないですが、とてもおいしかったです。

オイスターソースを使うので、中華の感じが出てて美味しいです。

野菜多め、肉少なめでつくるといいかもしれません。

 

まとめ

今の時代はインターネットを探せばいくらでもおいしいレシピが出てくるので、本当にいい時代になったものです。

インターネットが普及する前だったら、こんなに料理もしていない気がします。

本当にいつも助かっています。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。