心の探求を続けてきて手に入れたもの

僕は社会人になってから対人関係、仕事のこと、お金のことで悩むようになってきてから、心の探求をこれまで続けてきました。

今日はその過程で手に入れたものをまとめてみたいと思います。

 

心の仕組みに対する理解

心の探求を始めてから、心にはいろんな仕組みがあるのだということを理解しました。

投影、ビリーフ、自己欺瞞、インナーチャイルド、目的論と原因論、抑圧、フローとノンフロー…

どれも人生の主導権を握るためには重要なファクターです。

これらの仕組みを知ることで、僕の人生は大きく変わりました。

 

多数の書籍や人から得た知識・知恵

上記の心の仕組みは書籍や人から直接教わることでその知識・知恵を得ることができました。

一人で悶々と悩んでいたら、今でも前に進むことができず今も悩んでいた当時と変わらない人生を送っていたかもしれません。

知識は武器です。

知ることで救われることもあります。

おすすめは今幸せに生きている人に直接会いに行くことですが、それがハードルが高いなら本を読むことです。

先人の知恵はやはり偉大です。

 

志を同じくする仲間

あまり仲間仲間言うのは柄ではないですが、やはりここは外せません。

心の探求を始めてから、特に去年立花岳志さんの講座を受講するようになってから僕の周りには素敵な人が増えました。

自分の人生と向き合っており、既存の価値観に疑問を持っている人が多いです。

SNSを通して仲間の動向を知り、刺激を受けたりいろんなことを気付かされたりしています。

やはり志を同じくする仲間がいるというのは心強いです。

 

終わり。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。