人生が苦しいのは生きかたを変えなさいというサイン

僕には人生がとてつもなく苦しい時期がありました。

その頃からいろんな本を読んだり、ワークショップや講座に参加したりしながら少しずつ生き方や考え方を変えてきました。


おかげでようやく少しずつ楽になってきて、生きる歓びみたいなものを感じられるようになってきました。

当時は苦しくてどうしようもなくて、だから救いを求めて貪るように本を読んでました。

それでも中々楽にならず、むしろどんどん状況は悪くなった(と感じていた)時期もありました。

でもやっとトンネルの出口が見えてきたいま思うのは、あれでよかったのだということ。

当時の苦しみがなかったら今の僕は、雇われの身で一生を終えることになんの疑問も感じなかったかもしれません。

心底絶望したからこそ、自分が心から喜びを感じる活動をしたい!という欲求が芽生えたのだと思います。

今はまだ、自分が今後どんなことをやっていくのかはわかりません。

でも、自分の未来に無限の可能性を感じます。

そう感じることができることをとても嬉しく思います。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。