自分に問い続ければいずれ答えは出る

自分の中で何らかの答えを出したいなら、自分に問い続けることが重要だと思っている。

なぜなら、自分に問い続けることで潜在意識が勝手に答えを探してくれるからだ。

 

例えば、今僕はライフワークを生きていきたいと思っている。

その答えを出すには、「どうすればライフワークをしながら生きられるだろう?」と問い続けるのだ。

 

この問をしていると、「じゃあまずは自分のライフワークはなんなのか見つける必要があるよね。」という答えが降ってきた。

 

脳は空白を嫌うので、問い続ければなにかしらの答えを出すのだ。

 

脳のこの特性には恐ろしい側面もある。

それは、「なんで自分はライフワークをしながら生きられないんだろう?」というようなネガティブな問を立てることだ。

このような問を立てると、

  • 「自分には才能がないから」
  • 「自分の努力が足りないから」
  • 「そもそもライフワークを生きられるのは一部の人だけ」

などのように、できない理由探しを脳は勝手に始めてしまう。

 

だから自分の中で問いを立てるなら、肯定的な問を立てるのが重要である。

 

どうしたら自分はライフワークをしながら生きることができるだろうか?

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。