幸せになる資格

僕には幸せになる資格が無いと思っている。結局の所。

過去にひどいことをたくさんしてきたから。
人間的に邪悪な存在だと自分のことを思っているから。

こんな自分が幸せになりたいなんておこがましい。
幸せになりたければ、過去の精算をしてからではないといけないと思っている。

でも過去の精算なんて今更無理だとも思っている。
そんなことしたくないとも思っている。
過去に向き合う勇気がないのかもしれない。

過去に向き合わずに幸せになりたいなんて虫のいい話なんだろうか?
やっぱり過去の精算を全て済ましてから出ないと幸せにはなれないのだろうか?

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。