ブレーキを離せば勝手に進む

僕は今まで人と話すということに苦手意識を持っていました。

その奥にはこんな心理が潜んでいました。

  • 自分の発言で相手が不快になったらやだな
  • 自分の言ったことで相手を怒らせたら嫌だ
  • 性格悪いと思われたくない
  • etc…

つまりこれらの心理がブレーキとなって、人と話すことに抵抗感を覚えさせていたのです。

でも、相手が不快に思うかどうか、怒るかどうか、性格悪いと思うかどうか、というのは相手の領域です。

むしろ、不快に思う自由、怒る自由、性格悪いと思う自由が相手にはあるのです。

そのことが腑に落ちた時、つまり

  • 相手が不快に感じてもいい
  • 相手が怒りを覚えてもいい
  • 相手が自分のことを性格悪いと思ってもいい

と許可を出せたら、人と話すことにも抵抗感が少なくなりました。

抵抗感が少なくなったらなにが起きたかというと、人と話す機会が増えました。

元々は人と話したいという欲求はあったのですが、ブレーキがめちゃめちゃ効いていたため、人と話すという行動が取れなかっただけなのです。

あー、ブレーキが離れると人って勝手に行動し始めるんだなーと感じた出来事でした。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。