今日は自分にダメ出しし続けた一日だった

今日はなんだか一日メンタルの調子が悪く、一日自分にダメ出しをしていたような気がします。

光を求めると影ができる。

この影を認めることが統合への道であると何処かで読んだ気がします。

 

インターネットで「自分へのダメ出し」というキーワードで検索したところ、心のお師匠さんの1人である大塚あやこさん(以下あやさん)のブログに行き当たりました。

 

この記事によると、まず「自分はダメだ」という思い込みがあって、それを証明するためにだめな理由を探してくる、とのことでした。

となると、自分がダメだから否定するのではなく、自分を否定したいからだめな理由を探している。

そういうことになります。

 

僕の場合、何が原因で「自分はダメだ」と思い込むようになったのかわかりません。

でもこの仕組がわかればある程度、自己否定と距離感を保つことができます。

 

さらにその自分へのダメ出しを言語化出来れば更にクリアランスをとれるようになると思います。

「ふーん、自分はそう思ってるんだ」という感じ。

 

 

まずは自分にダメ出しをする自分にOKを出していこうと思います。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。