麺屋玉ぐすくの限定つけ麺、「台湾つけ麺」を食べてきた!【名古屋】【今池】

名古屋市千種区の麺屋玉ぐすくが限定つけ麺をやるという知らせを受けたので、早速行ってきました。

あ、知らせを受けたというのはTwitterのことです。

 

▲夜の玉ぐすく。

お店が入っている建物は改装中でした。(2018年4月4日現在)

 

▲台湾つけ麺の案内。

 

▲生ビールはサッポロ。

瓶ビールはオリオンとサッポロがあるようです。

 

▲今回ははじめて餃子も食べてみました。

餃子のタレとラー油は予めお皿に注がれた状態で提供されます。

 

▲見た感じ揚餃子に近い。一人前で5個入り。

 

▲噛んだ瞬間に肉汁が飛び出しました。

ニラの味が強めかな?

大きさは一口でもいけるサイズです。

 

▲そしてこちらが台湾つけ麺の特製。

 

▲麺はつけ麺にしては細い。

つけ汁につけずにそのまま食べると小麦のいい香りがしました。

 

▲チャーシューも美味!

 

まとめ

麺屋玉ぐすくさんは、結構限定メニューをやってくれるので気になる存在です。

ええ、限定に弱いんです…笑

限定メニューの告知情報はTwitterやブログで受け取ることができますよ!

 

麺屋玉ぐすくのツイッターアカウントはこちら。

麺屋玉ぐすくのブログはこちら。

 

麺屋玉ぐすく お店情報

関連ランキング:ラーメン | 今池駅千種駅車道駅

 

麺屋玉ぐすくの過去の訪問記事はこちら!

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。