仕事についてもっと真剣に突き詰める、という宣言

宣言しないといつの間にか自分の中で風化してしまいそうなので。

以前から、会社という組織に対しては違和感があった。

はじめは人間関係で馴染めないことに始まったこの違和感は、今は自分の人生を自分以外の何者かに明け渡しているかのような危うさを伴うようになった。

 

会社という場所はともすればぬるま湯のようなところだな、と今日ふと思った。

とりあえず出勤して、定時の間そこにいれば給与という形でお金をもらえる。

集団で仕事をしているので、自分がちょっとくらい手を抜いても他の人がカバーしてくれる。

 

こういった環境があるということは、とても恵まれたことであるとは思う。

分業されているからこそ、自分は目の前の仕事だけしていればいいのだから。

自分一人で全てをやろうとしたらそれはもう大変なことだろう。

 

でもそれでいいの?という疑問も自分の中にはある。

会社の仕事にやりがいをもっているならそれでいいと思う。

でも現状、今の自分は仕事自体にやりがいを持てていない。

 

今どこに不満を感じていて、どうすればその不満点がクリアになるのか。

ここを明確にしたほうがいいような気がしている。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。