中華そば親孝行の鶏白湯らーめんを食べてきた!【名古屋市】【中川区】

中華そば親孝行

名古屋市中川区の中華そば 親孝行というお店に行ってきました。

まだ新しいお店で、おいしい鶏白湯らーめんが楽しめました。

 

▲お店外観。

 

▲幕がかっこよかった。

 

▲店内は木を基調としたインテリアでおしゃれ。

 

▲メニュー。

今回は鶏白湯の塩と卵かけご飯を注文しました。

 

中華そば親孝行

▲注文して程なくして着丼。

とてもスピーディーでした。

 

▲鶏白湯の塩。

 

▲鶏バターの卵かけご飯。

鶏バターとありますが、バターの風味を感じることができませんでした…

らーめんのスープをかけて食べるとおいしかったです。

 

▲麺は中細のストレート麺。

歯切れがよかったです。

 

▲スープはポタージュのようなとろとろ系。

結構強めににんにくが香ります。

 

▲チャーシューは2種類入っていて、鶏と豚かな?

 

まとめ

とても丁寧に作られている印象のラーメンでした。

でもよくある鶏白湯を期待していくと、ちょっとイメージと違うかもしれません。

にんにくが結構効いているのがその要因かな?

 

卵かけご飯はランチで行くと100円で食べられるのでお得です!

接客も丁寧でいいお店でした!

 

中華そば親孝行 お店情報

関連ランキング:ラーメン | 尾頭橋駅

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。