会社をやめたいと堂々と思っていい

会社をやめたいというと、だいたい「辞めてどうするんだ?」「会社から逃げ出すのか?」「現実を見ろ」というような反応をされることが多いように思います。

なので、会社をやめたいと本当は思っていてもその気持を押し殺している人も結構多いのではないでしょうか?

 

会社をやめたいというのがあなたの本音なら、その想いをぜひずっと持ち続けてください。

なぜなら、「会社をやめたい」という思いを大切にすればこそ、どうしたら会社を辞めることができるだろう?という問いが自分の中に立つからです。

この問がなければ、会社を辞めるということを実現するのは難しいのではないかと思います。

 

今の時代、会社を辞めても生きていく方法はいくらでもあるのです。

でも古い価値観に縛られていると、その方法が見えなくなります。

会社勤めをしなければいけないのだ!という考えに縛られてしまいます。

 

会社を辞めるという明確な意思を持つことで視野を広く持つことができます。

会社以外にも世界は広がっているのです。

 

※写真と本文は関係ありません。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。