自分の精神を解き放つ

僕達の心や思考というのは、色々なものに縛られています。

常識、ルール、倫理、道徳など。

これらの縛りを解き放っていけばいくほど、自由になれます。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは何にも縛られていない

僕達がおんぎゃと生まれてきたばかりの頃は、まだ何にも縛られていませんでした。

「明日おっぱいにありつけるかな?」とか、

「おむつ替えてもらったらきちんとお礼をしなくちゃ!」なんて考えていません。

ただただ、自由でした。

 

大人になるにつれ、ぼくたちはルールを身に着けていきます。

それらは社会生活を営んでいく上で必要なことでした。

でも必要でないこともありました。

 

もういらなくなった縛りは脱ぎ捨ててしまえばいいのです。

脱げば脱ぐほど自由になれます。

精神を解き放てば解き放つほど、自分本来の輝きを取り戻すことが出来ます。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。