幸せになろうがなるまいがどっちでもいい

幸せになろうがなるまいがどっちでもいいんです。

「幸せ」にとらわれている人が多いような気がします。

 

幸せになりたくて、色々行動しているけど中々幸せを感じることが出来ない。

幸せになりたくて、色々実践しているけど中々変わらない。

 

一体幸せって何なんでしょう?

 

僕は幸せって「生きること」だと思います。

 

ただ生きているだけで幸せ。

 

何があっても幸せ。

 

どうなっても幸せ。

 

どん底でも幸せ。

 

何をしても幸せなら、

本を読んでも読まなくてもどっちでも良いし、

愛されてても愛されてなくてもどっちでも良いし、

痩せてても太っててもどっちでも良いし、

健康でも病気でもどっちでもいいんです。

 

そして幸せでも不幸でもどっちでもいい。

 

不幸でも幸せ。

というか不幸とか幸せとか、そんな尺度だけでは人生なんて計れない。

清濁併せ呑むことが”生きる”の醍醐味でもあるのと思うのです。

 

素晴らしいものだけを望むから、自分の思い通りにならなかった時に落胆する。

自分が望む道なら茨の道でもいいじゃないか。

 

きちんと目を開けて、足元と少し前をしっかりみて歩いていきましょう。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。