自分との対話

最近、LINEを使って自分と対話しています。

自分だけのグループ作って、そこで頭の中に浮かんだこと、言葉にならない感覚を言葉にしていく。

そんなことを続けていたら、自分という人間の存在を感じられるようになってきました。


それまで僕は、自分の存在というものを感じられていませんでした。

自分が何を考えているかもわからないし、自分が何を感じているのかもわからない。

人生の目的は人から受け入れられることでした。

自分は空っぽだから他の人から満たしてもらわないといけない。

そんな感覚でずっと生きてきました。

この生き方はとても辛かった。

他人に迎合し、他人の意見に合わせ、他人を受け入れなければいけない。

でも僕も生きている人間なので、完璧に人に合わせることはできない。

言葉にはならなくても、そこには自分の本音や感覚があったのです。

これらの自分の本音や感覚を言葉にすることによって、自分を1人の人間として認められるようになってきた気がします。

自分がない、と悩んでいる人にぜひ試してみて欲しいです。

僕もそうやってずっと悩んできたので。

ポイントは、どんな汚い言葉も醜い感覚も言葉にすることです。

なので、絶対人には見られないようにしてくださいね笑

自分しか見ない場所で自分だけのために言葉を紡ぐ。

そんなちょっとしたことが、自分を生きるということにつながっていきます。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。