麺屋玉ぐすくの6周年記念らーめんを食べてきました。

玉ぐすく

ある日Twitterをみているとこんなツイートが流れてきました。

みた感じ僕の好みそうだったので、行ってきました。

 

玉ぐすく 外観

3月18日日曜日。

大体12:00ちょっと前くらいにお店に到着しました。

お店の前には5,6人ほどの行列が。

最後尾に並びます。

 

この日は限定メニューのみの提供だったようです。

 

玉ぐすく 玉ぐすく 玉ぐすく

メニュー。

 

玉ぐすく 玉ぐすく

お店の入り口ではシーサーがお出迎え。

 

とりあえずビールで乾杯!

 

玉ぐすく

これが6周年記念のらーめん、「極鶏そば」。

これに特製トッピングを追加しました。(玉子とチャーシュー増し)

 

玉ぐすく

透き通ったスープにきれいな油が浮いています。

このスープがめっちゃうまかった!

鶏と水だけで炊いたスープとのことで、鶏の旨味が強く感じられました。

完全に僕好みでした。

 

玉ぐすく

チャーシューは最近流行りのレア系。

特製トッピングだと、計4枚入ってました。

これだけで結構なボリュームでした。

 

久々の麺リフト。

中細のストレート麺で、とても食べやすかったです。

これ系のスープにはこういう麺が合いますね。

 

玉ぐすく

 

玉ぐすく

玉子もこんな感じで完璧。

 

完食完飲。

ごちそうさまでした。

 

まとめ

6周年記念にふさわしい、とても美味しいラーメンでした。

また食べたいのですが、レギュラーメニュー化してくれないかな笑

 

麺屋玉ぐすく お店情報

関連ランキング:ラーメン | 今池駅千種駅車道駅

 

玉ぐすく

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。