答えを手放す

昨日出した答えにしがみつこうとすると、執着になる。

昨日出した答えはさっさと手放してしまったほうがいいのかもしれない。

答えが出た時点で自分の中に引き出しができる

思ったのは、何かに対しての答えが出た瞬間に、自分の中に引き出しができる、ということ。

また似たようなケースに遭遇したら、その引き出しから答えをいつでも取り出すことができる。

だから、その答えをいつまでも大切に持っておくのではなく、思い切って手放す。

いつでもその答えは使えるから普段は意識しなくても大丈夫。

「私には問題がある」という思い込み

私には問題がある、という意識が抜けないと、いつまでも問題を探してその答えを追い求める、というモードに入ってしまう気がする。

これは人生がうまくいかなくなった頃に持ち始めた考えで、ある程度のところまできたらこの思い込みも手放してしまってもいいのかもしれない。

そんなことを今日思った。

これまで、自分と散々向き合ってきたから言えるのかもしれない。

要はもういっか、ということ。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。