「自分を生きる」ということ。

今日は一日、「今を生きる」「ここに生きる」「自分を生きる」という言葉を心のなかでつぶやきながら過ごしてみた。

振り返りとして、今日一日の事を記録しておく。

 

「今を生きる」という言葉の持つエネルギー

まず「今を生きる」という言葉をつぶやい時に感じたこと。

いかに普段、過去や未来に意識を持っていかれているかということ。

 

今が確かならそれだけで十分。

先のことはわからないし、過去を悔やんでもしょうがない。

そんな感覚を得られた。

「今」に意識を向ければ、「今」何の問題もなく生きている自分がいるだけだった。

 

「自分を生きる」という感覚

「自分を生きる」という言葉を唱えた時に感じたこと。

それは、「自分は自分の感覚で行動してもいい」ということ。

例えば、無理して喋らなくてもいい。

例えば、自分の気持ちいいペースで仕事をしてもいい。

例えば、雑談の輪に加わらなくてもいい。

 

自分の感覚で行動すると言っても、ルールを破るということではない。

ルールを守ったほうが気持ちがいいと思えばルールを守る。

 

今まで自分はいかに周りに合わせて生きてきたのかということを痛感した一日だった。

 

今までは職場の中の発言力のありそうな人を判断して、無理してその人と仲良くなろうとしていた。

それこそ無理して合わせていた。

そこには自分らしさというものはなかった。

 

「自分を生きる」という言葉は、自分の人生を生きるということを教えてくれた。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。