時には思いっきり不機嫌になってもいい

こんにちは、名古屋のメンタルトレーナー日高勇太です。

僕は心を大切にすることの重要性をこのブログなどを通して伝えていきたいと思っています。

たしかに心の状態を整えることは、人生の質という面でとても重要なことです。

でも、時には思いっきり不機嫌になって落ち込むことも必要だと思っています。

不機嫌=悪ではない

僕自身この罠に陥りがちなのですが、「不機嫌=悪」という図式が自分の中にできると苦しくなってきます。

日常生活の中には、心を揺さぶる出来事が沢山あります。

一つ一つしっかりと対処して完璧に心の状態を整えることができればそれはベストですが、そんなことできる人はきっと誰もいません。

不機嫌になってはいけないと思うと、かえって不機嫌になりやすくなります。

聖人君子じゃないんだから、不機嫌になって当たり前なんです。

気が向いたら自分の心を整えればいい

そろそろ不機嫌でいるのも飽きたな、もういいかな、と思ったら自分の心を整えればいいのです。

納得してないのに、自分を無理やりごきげんにしようとしたら心に負担がかかります。

それこそ自分の“ごきげん”を伺いながらやっていけばいいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。