嫌なことがあっても、嫌な気分になる必要はない

例えば、

  • 電車の中で足を踏まれた
  • 会社の上司に嫌なことを言われた
  • ぶつかった人が謝りもせずに行ってしまった

腹が立ちますよね。

イラっとしますよね。

でもその感情を引きずる必要はこれっぽっちもないんです。

嫌な気分になって損をするのは自分だけ

でも嫌な気分になったところで、損をするのは嫌な気分になった自分だけなのです。

自分が嫌な気分になったところで、自分に嫌な思いをさせた相手は平気な顔で過ごしているだけです。

(本当は自分に嫌な思いをさせた、というのも思い込みなのですが。)

それに嫌な気分になると、自分の行動の質が落ちます。

問題の対処能力も落ちるので、さっさと気持ちを切り替えてしまうのがいいのです。

気持ちはいつでも切り替えられる

気持ちはいつでも切り替えられます。

嫌な気分や、イラっとしたりしてもいいんです。

人間なので、色んな感情があって当たり前です。

でも、相手のせいにして嫌な気分のままでいると、自分らしい人生を生きることができなくなってしまいます。

だからこそ、気持ちを切り替える必要があります。

細かいテクニックは必要ありません。

「何があっても気分よく過ごす」と決意するだけです。

テクニックもあるにはありますが、まずはその気持ちが大切なのです。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。