「なぜ不機嫌になりたくないのか」を考えることでごきげんの価値を見出す

自分で自分の機嫌をとる生き方といっても、モチベーションがないと中々取り組むことができないもの。

つまり、それをやることで自分の人生にとってどんな価値があるのか、という部分。


僕は、「ごきげんの価値」を普段から意識するようにしています。

例えば…

ごきげんでいれば体が軽くなる。

ごきげんでいれば頭が良く回る。

ごきげんでいれば楽しい気分になる。

などなど。

でも、今不機嫌な状態だったとして、そんな状態だと中々ごきげんの価値を考えようと思っても考えられません。

そんな時は、不機嫌な状態のどんなところが嫌なのかを考えるようにしています。

不機嫌だと体がだるくなるから嫌。

不機嫌だと心が狭くなるから嫌。

不機嫌だと自分の能力を発揮できないから嫌。

などなど。

ということは、

ごきげんになって体を軽くしたい。

ごきげんになって心が広い自分でありたい。

ごきげんになって自分の能力を存分に発揮したい。

ということ。

このように逆算的に自分はどうありたいのかを知ることができます。

この考え方は、なんのために自分で自分の機嫌をとるのか見失った時にとても役に立ちます。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。