ブログを書くモチベーションがわからなくなった

自分にとって成功すること=復讐という図式が成り立っていたことに先日気が付きました。

 

怒りのエンジンから喜びのエンジンへ切り替えたいのですが、喜びのモチベーションが自分に取ってなんなのかまだよくわかっていません。

 

怒りのエネルギーでブログも書いていた

これまではこのブログも怒りのエネルギーで書いていたのだと思います。

成功してやる!

成功して見返してやる!

 

喜びのエネルギーとは逆ですね。

実はいつもブログを書いた後は、なんとなく後味が悪くなるのを感じていました。

その原因は怒りのエネルギーだったのですね〜。

 

世界に対して何を表現したいのか?

これから喜びのエネルギーを持ってビジネスを展開していくには、世界に対してどんなことを表現していきたいのかを明確化させる必要性を感じています。

ちょっと難しく考えすぎなのかな?

でも今の僕にはそれが必要だと感じているんですよね。

 

少しずつ前に進んでいきたいと思います。

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。