どんな状況でもいい気分は作れる。でも常にいい気分である必要はない。

感情や気分というのは自分の意思で決めることができます。

それは外の状況がどうであれ、可能なのです。

ですが、それはあくまでも理想論での話です。


もちろん理論的にはどんな状況でも、自分の心や気分を良い状態にすることは可能です。

でも私たちは人間ですから、心や感情が乱れることもあります。

それはどんな一流の人でも同じです。

でも一流の人とその他の人とで違うところといったら、乱れた心をそのままにしておかないということです。

自分の心は自分で決めると意識して、外界の状況とは関係なく自分の心を整えようといつも意識しています。

この意識こそが大切なのです。

はじめはうまくいかないと思います。

それでも諦めずに繰り返して、自分の心は自分で決める、という姿勢こそが大切です。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。