お金の裏側にどんな感情があるか?

私たちが生きることとお金は切っても切れない関係にある。

便利に生活しようとしたらどうしたってお金は必要だし、お金を払うことで解決できることがたくさんある。

それ故に、お金には感情が乗りやすい。

お金に対してどんな感情を持つかによってお金とどんな関係になれるかが決まると言っても過言ではない。

 

不安を乗せるか喜びを乗せるか

僕はこれまでお金に対して不安の感情を持っていました。

なくなったら困る、とか、ないと生活していけない、とか。

確かにそれはそのとおりなのですが、その不安な感情にフォーカスしていたという感じです。

 

今は意識的に喜びの感情を持つようにしています。

お金を稼げば楽しいことが出来る。

お金を稼げばおいしいものを食べられる。

 

そうやって喜びの感情に意識的にフォーカスを当てることによって、もっとお金を稼ぎたいと思えるようになってきたし、仕事自体にも以前より積極的に取り組めるようになってきました。

 

今日はここまで!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。