Apple純正Magic Keyboardについた手垢汚れを掃除する方法

こんにちは、ヒダカです。

今回はApple純正のMagic Keyboardについた手垢汚れを掃除する方法についてご紹介します。

僕は現在、キーボードにはApple純正のMagic Keyboardを使用しています。

2009年の秋に購入したiMacに付属していたもので、購入以来ずっと使ってきたのですっかり手垢で汚れてしまっています。

 

▲長年の使用でとても汚れてしまっている。

 

ブログを始めたことで、デスク周りの写真を撮ることも増え、この汚れたキーボードが写真に映り込むのはいかがなものかな?と思い、この度掃除することにしました。

 

Magic Keyboardを掃除するにあたって、こちらのブログを参考にさせていただきました。

mac用キーボードのガンコな汚れを真っ白に掃除できる秘密兵器

 

使用するのは油汚れ用マジックリン。

 

このマジックリンを乾いたタオルなどにチョットだけ出して、キーボードの表面を拭いていきます。

 

アルミに付着すると変色の可能性があるとのことでしたが、最後に水拭きするので気にせずガンガン拭いていきました。

(※実際に試される方は自己責任でお願いします。)

 

全体の汚れを落としたら、水で濡らして固く絞ったタオルで水拭きしていきます。

 

▲Before

▲After

 

▲Before

▲After

 

 

まとめ

さすがに新品のような白さとまではいきませんでしたが、とてもきれいになったので満足です。

キーの壁面などの汚れは残ってしまいますが、手軽にMagic Keyboardをきれいにしたい方にはおすすめの方法です!

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。