頭と心で望んでいることが矛盾していることもある

自分の頭で考えたことが自分の本心であるとは限らない。

僕の場合は、何かを「出来る」ようになりたいと頭で思いながら、潜在的な部分では「出来ない」自分でありたいと思っている。

 

思考と矛盾する心

このように頭で考えていることと、自分の本心が望んでいることがいつも一致しているとは限らない。

お金持ちになりたいと思いながら、心ではお金持ちになることを望んでいない。

好きなことをして生きていきたいと願いながら、心ではそんなこと出来ない・したくないと思っている。

素晴らしいパートナーシップを望みながら、心ではそれを拒絶している。

 

潜在的な部分の方が力が強力なので、ここに否定的な部分があるといくら思考で願っても実現する可能性は低いです。

いくらお金持ちになりたいと頭で考えても、お金という単語をイメージした時に心がざわざわしたら潜在的にはお金を拒絶している可能性は高い。

 

僕の場合は、

  • 仕事
  • 仲間
  • お金

と言った単語を想像した時に、胸のあたりが重苦しくなります。

これは過去の経験から、その単語に対してネガティブな印象を紐付けているためだと思われます。

 

まずは自分はそう思ってるんだ、と受け入れることが大切なのかも。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。