自分の幸せだけ考えてはいけないというのは呪いの言葉だった

僕はこれまで「自分のことだけ考えてはいけない」。

「周りのことをもっと考えなければいけない」と考えて生きてきた。

でも中々そうできない自分のことを責めてきたし、周りのことを考えたとしてもそれは怖れからくるものだった。


周りのことを考えなければ自分は幸せにしてもらえない。

自分のことだけ考えていたら自分は幸せにしてもらえない。

この考えはそんな見返りを求める考え方なように思う。

現にここ数年それまでの自分の生き方に疑問を感じて、あえて自分のやりたいことをやってきたが、この考え方があったため心の中は穏やかではなかった。

人はもっと自分の幸せだけ追求していいのだ。

自分の幸せに責任を持つという生き方。

周りのことを考えろというのは、自分のことを幸せにしろと言っているのと同じだ。

自分の幸せだけを考えるのは、自分の人生に責任を持つという姿勢につながる。

猫も自分の幸せだけを考えている。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。