尊敬語や謙譲語の役割?

今回は尊敬語と謙譲語の隠れた?役割について書いてみようと思います。

友達の某ちかちゃんに影響されたわけではありませんが、多少意識しています笑


尊敬語と謙譲語。

多くの方は就活のときに触れたことだと思います。

そして僕は気づいてしまった…!

尊敬語と謙譲語の隠れた役割に…!

それは誰のことを指しているかわかりやすくするというものです。

日本語って主語を省いて話すことが多いので、そういう時たまに混乱することってありませんか?

例えば「仕事忙しそうですね。」とだけ言った場合。

この場合の主語を考えると、あなたなのか彼なのか、文脈によっては変わってきます。

それが「仕事お忙しそうですね」となれば、だいぶ絞られる。

あなたか目上の人か。

そんなくだらないことを仕事中につらつらと考えてました( ´∀`)

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。