翔ぶためにはしっかりとした足場が必要

僕たちはほしい結果だけを求めてしまいがちです。

  • 早く結果を出したい
  • 早く今の生活を抜け出したい
  • 早くイキイキとした毎日を過ごせるようになりたい
  • 早くもっと稼げるようになりたい

結果を焦れば焦るほど今の自分が嫌いになっていきます。


学べば学ぶほど、今の自分を否定したくなる。

僕自身そんな状態でした。

  • これだけ学んだのにこんなところでくすぶってる自分はやっぱり駄目なんじゃないか?
  • 周りの人が活躍していく中、自分だけ何も変わっていない気がする
  • いっその事周りの人たちも活躍できなければいい…

そんなどろどろした想いが心の中に渦巻くこともありました。

そしてそんな自分をさらに責める。

 

このスパイラルにハマるととても苦しいです。

何も知らないままの方が幸せだったんじゃないか?と思うこともありました。

 

 

でもそんなどろどろした部分も紛れもなく自分の一部でした。

今ならわかるのですが、このどす黒い自分を否定していたから足場がとても不安定だったのです。

 

自分の見たくない部分、嫌いな部分、見にくい部分を隠すための努力はとても苦しいものです。

隠してもそこにあるのを感じるため、常に不安がつきまといます。

 

この自分を認めることが今後飛躍していくための足場になるのだと思います。

飛ぶためにはしっかりとした足場が必要。

足元がゆるゆるだと翔ぼうとした瞬間に沈みます。

 

 

まずは今の自分を認めることが大切。

何度でも伝えていきたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。