今の自分に「ある」ものを探してみる

自分には「ない」ものは簡単に見つかるのに、「ある」ものは中々わからない。

そんなことってありませんか?

僕たちの目は外の世界を見ています。

外の世界というのは、自分の外側にある世界です。


外の世界ということは、まだ自分には「ない」ということ。

原則的に人は自分にはないものに意識が行きやすいのではないかな?と思います。

そこに意識を引っ張られすぎると、「自分にはなにもない」という感覚に因われます。

外の世界を見て、自分の見聞を広めたり、憧れを持ったり、やりたいことを見つけるのはとても大切なことだと思います。

でもそれと同じくらい今の自分に「ある」ものにも目を向ける。

今の自分に「ある」ものを大切にする。

それもちょー重要だと思うのです。

今の自分にもたくさんのものがある。

要は目を向ける部分を少し変えてみる。

それだけで心のありようは大きく変わるなと感じています。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。