まだ突き抜けられてはいないけど、それでも生きていく

結構長いこと心の探求はしてきてますが、まだ突き抜けた!という実感は持てずにいます。

大気圏を脱出できずにうろうろしてる状態なのかもしれません。

 


でもそれでも今はまだいいのかなーとも思ってます。

どんな状態であれ、人生は進んでいくわけですしね。

 

突き抜けた感触はないですが、改めて振り返ってみると僕の人生はだいぶ変わってきていると思います。

B塾初級コースに参加してブログを始めたり、TLI講座に参加してともに自己探求をしていく仲間に出会ったり。

たくさんの方に支援していただき、湘南ワークショップにも参加することができ、そこでは素晴らしい体験をすることもできました。

 

お付き合いする人もできたし、人と接するのも以前と比べたらだいぶ楽になった。

住む場所も実家の栃木から名古屋に移ってきました。

 

ただまだまだ満足してない部分もあり、それは仕事のことだったり自分の性格のことだったりお金のことだったり。

 

まだまだ「ない」探しをしているのかなーと思います。

「ある」に目を向ければたくさんのものがある。

 

とりあえず今できることは、「今」を受け入れてできるだけ毎日を充実させていくこと。

今できる範囲で1日を充実させていく意識を持てれば、それがちょっとずつ拡大していくのかなーともおぼろげながら感じています。

 

まずは小さなことから始めていく。

いきなり大きなことはできません。

「小さな習慣」という本を読んで改めて思いました。

 

大切なのは、何をしたかも大切ですが、何かをしたことに達成感や満足感を得られるかどうかなのかもとも最近思ってます。

小さなことをコツコツと繰り返していき、そのことにしっかりと満足感を感じる。

 

まだ突き抜けられてはいないけど、それでも生きていく。

ちょっとずつ進んでいきたいと思ってます。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。