元気のいい店主が迎えてくれる群馬県館林市「つけ麺 弥七」

こんにちは、ヒダカです。

今回は群馬県館林市にある「つけ麺 弥七」というお店を紹介したいと思います。

▲この日は夜の訪問。雰囲気のあるちょうちんが点灯に提がっている。

 

▲ぼろぼろになった暖簾。味のある雰囲気を醸し出している。

 

▲レギュラーメニューは、つけ麺、塩そば、秋刀魚中華そばとなっている。

▲つけ麺 弥七さんでは毎日気まぐれメニューを提供している。ネーミングが面白い。

▲この日は気まぐれの「赤城ブー」を注文した。あっさりしたように見えるがスープにはたっぷり油がういていて濃厚な味わい。三つ葉もいいアクセントになっている。

▲麺は中細のストレート麺。食感がいい。

▲このスープがとにかくうまい。

▲チャーシューは2種類入っていて、鶏のレアチャーシューと、豚のチャーシューとなっている。個人的に鶏のレアチャーシューがお気に入り。

 

▲メンマもちょうどいい柔らかさで味もしっかりしていてうまい。

▲週一ペースで通っていたら顔を覚えていただいたようで、味玉をサービスしていただけるようになった。いつもありがとうございます!

 

写真には撮らなかったが、僕は普段スープはあまり飲まないがこの日はほぼ完飲してしまった。

このお店はいつも店主の方がとても元気よく挨拶してくれるのでこちらも嬉しくなる。

今一番大好きなお店です!

 

つけ麺 弥七 お店情報

関連ランキング:つけ麺 | 茂林寺前駅館林駅川俣駅

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。