やり方とあり方

心のことを学んでいると、「やり方」と「あり方」というものがあるということを知ります。

「やり方」というのは、行動の部分。

いわゆるDoingと言われる部分です。

 

一方「あり方」とは何か?

あり方というのは、「自分であること」とも言えるものです。

 

幼い頃から僕たちは「何かができた」「こんなことを達成した」という行為・行動を評価されてきがちでした。

なにかができたら素晴らしくて、できなかったらダメ。

そしていつのまにか自分で自分のこともそのように評価するようになります。

 

僕達人間は感性の生き物ですから、理屈や常識では縛ることの出来ない欲求や衝動を持つことがあります。

その欲求や衝動を理性で抑圧しようとすると段々と苦しくなってきます。

 

あり方というのは、そういう欲求や衝動を自分で受け入れるということだと思うのです。

自分の感情や欲求に寄りそう。

そういう態度があり方を整えるということなのだと思います。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。