自分を肯定するということ

自分を肯定するということ。

それは誰からも肯定されるような立派な人間になることではない。

 

どんなにみっともない自分でも

どんなに惨めな自分でも

どんなに醜い自分でも

どんなに自分勝手な自分でも

どんなにだらしない自分でも

どんなに冷たい自分でも

どんなに親不孝な自分でも

 

そんな自分を肯定すること。

 

 

有名なコップの水の話があるけれど、

そもそもコップに水が入っていなければ

そもそもコップがなければ

「足りない」部分を認識することはできない。

 

「自分には足りない」ということは

「自分にはある」ということ。

 

コップに水が1mmでも入っていれば、

コップがあれば、それで十分。

 

あなたはいつも一生懸命頑張ってきた。

あなたはいつもベストを尽くしてきた。

ただ誰かに言われた言葉やこれまでの経験で勘違いしているだけ。

 

どんなにみっともない自分でも

どんなに惨めな自分でも

どんなに醜い自分でも

どんなに自分勝手な自分でも

どんなにだらしない自分でも

どんなに冷たい自分でも

どんなに親不孝な自分でも

 

あなたは自分に出来ることをやってきた。

 

それを認めることが自分を肯定するということ。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。