iPhone7でシャッター音を目立たせずにカメラを使う方法

こんにちは、ヒダカです。

今回は、iPhone7でシャッター音を目立たせずにカメラを使う方法について書きたいと思います。

僕はブロガーとしてブログを書き始めるようになってから、写真を撮る機会が多くなりました。

僕はカメラを持っていないので、使うのはiPhone7のカメラです。

通常、iPhoneのカメラを使うと、「カシャッ!」と結構派手な音が出ます。

この音がなってしまうことが原因で、写真を気軽に撮れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

iPhone7でカメラのシャッター音を小さくするには、「Live Photo」という機能を使います。

「Live Photo」とは、シャッターを押した前後1.5秒を記録して、ちょっとだけ動く写真を撮る機能です。

このLive Photo機能を使うと、iPhoneのシャッター音は「ポコッ」というものすごく控えめな音になります。

これだったら、普通の飲食店などの環境だったらほとんどシャッター音を目立たせずに写真を撮影することができます。

 

「Live Photo」機能の使い方

▲カメラの起動画面。上部中央に3重丸がある。この3重丸が「Live Photo」のON/OFF切り替えボタン。

 

▲Live PhotoをONにすると、3重丸が黄色くなる。この状態で撮影すればシャッター音が小さくなる。

 

まとめ

Live Photoで撮影するとファイルのサイズが大きくなるかな?と思い、実際にLive Photo OFFの写真と比較してみましたが、ファイルのサイズに違いはありませんでした。

僕はこれから色々な飲食店もブログで紹介していきたいと思っているので、このLive Photo機能はとても重宝しています。

このLive Photo機能はiPhone6s以降のiPhoneなら使えるようなので、該当のiPhoneをお持ちの方はぜひ試してみてください。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。