肉のマルコウでとんかつ 【栃木県佐野市】【2日連続とんかつ】

沖縄料理を食べようと出かけたのですが、そのお店が移転していたことを知らず探している内にランチ営業のラストオーダーの時間を過ぎてしまいました。

うーん、何を食べようと考えていたらとんかつが食べたくなってきました。

前日にもとんかつを食べていたのですが、体が欲していたのでそんなの関係ない!という謎のテンションで、「肉のマルコウ」さんを訪問してきました。

ランチメニューはなし

肉のマルコウでは特にランチメニューはないようでした。

一日を通して同じメニューで営業しているみたいですね。

 

ロースカツ定食(120g)+牛串焼き

 

この日は前日にとんかつを食べていたこともあって、ちょっと違う味も食べてみたくなりました。

なので、とんかつは120gと少し減らして、プラスで牛串焼きを単品で注文しました。

 

このお店は久しぶりに訪問したのですが、こんなに美味しかったっけかな?と思うくらいおいしかったです。

とんかつは肉がとても柔らかく食べやすかったです。

牛串焼きもとてもおいしかったです。

 

まとめ

今まではとんかつといえば、館林の福よし一択だったのですが、定期的に行きたいお店のラインナップが増えました。

またとんかつが食べたくなったら行きたいと思います(´ー`)ノ

 

肉のマルコウ お店情報

関連ランキング:とんかつ | 佐野市駅

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。