自分の限界は自分で作っている

昨日、東京で立花B塾でのつながりのある方々とブログを書く会に参加してきました。

その中で、僕はブログを3記事新規に執筆、1記事修正して公開したのですが、そこで燃え尽きたような感覚になりました。

これだけやればいいだろうという感覚

具体的に言うと、今日は4記事も公開したのだからもういいだろうという感覚でした。

まだ時間はあったにも関わらず、それ以上書くことをやめました。

これって自分で自分の可能性を決めてしまっているんじゃないかな?と思いました。

 

限界を突破していくには?

今の僕にはだいたい一日3記事くらいが限界だと感じているんだと思います。

その限界を突破していくには、やはりコツコツと継続しながら少しずつ負荷を上げていくことが大切なのかな?と思います。

今は大体毎日の更新ペースは一日1記事です。

頑張って3記事という感じです。

ちょっと試しに一日2記事更新に変更してみたいと思います。

 

兎にも角にも質より量より更新頻度

でも肩に力が入ると書けなくなるので、質より量より更新頻度は意識していきます。

あと、僕の場合人の役に立つ記事を書こうとすると書けなくなるので、何の役にも立たない記事を書いていきたいと思います(゚∀゚)

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。