もやもやしたままでも生きていける

今日はなんとなく気持ちが晴れません。

原因は思い当たるものはあるのですが、どうやって解消したらいいのかわからない状態です。

そんな時はあせらずに、時間が解決してくれると信じてできるだけいつも通り過ごしていきたいと思ってます。

焦ってなんとかしようとするとドツボにはまりがち

これは今までの僕の経験則ですが、もやもやしている時にその感情をなんとかしようと焦って行動するとドツボにはまりがちです。

別にもやもやしたまんまでも生きていくことはできます。

普段通り生活していく中でちょっとずつ感情と向き合って行くことで、いずれ自分の中から答えは見つかるものと思っています。

 

しんどいはしんどいけど大丈夫

もやもやした気持ちを抱えたまま生きていくのはしんどいことはしんどいです。

でもその気持ちから逃避したくて無理をしたり行動したりしても、かえってもやもやとした感情を強化してしまうことが多いように感じます。

 

まずは一呼吸置いて落ち着く。

自分の心の声を聞く。

今の状態でやりたいと思ったことをやる。

書きたいと思ったことを書く。

 

そうすることで少しずつ気持ちの整理がついていき、いずれ腑に落ちる感覚とともに納得する時が来るのだと僕は思っています。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。