自分には何もないという感覚

僕には昔から「何もない」という感覚があります。

強みも何もないし、人に誇れるものもない。

そんな感覚にとらわれています。

容姿だけは人から褒められることが多かった

ありがたいことに、幼い頃から容姿だけは人から褒められることが多かったです。

これだけが自分で自覚できる唯一の自分の強みであり、ここを否定されたら拠り所を失ってしまう怖さがあります。

自分の強みを活かしていくべきなのか

容姿で勝負するとなると、モデルや人前に立つ仕事などが思い浮かびます。

興味がないことはないのですが、それよりも恐怖感の方が大きいです。

そこで受け入れてもらえない自分、通用しない自分に直面するのが怖いのです。

恐怖を乗り越えた先に道はあるのか

もしかしたらこの恐怖を乗り越えた先に、自分の道があるのかもしれません。

でも怖いです。

5月から立花岳志さんの個人セッションを6回受けるので、このあたりを深掘りしていけたらなと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。