早起きするとやっぱり気分がいい

最近、早起きを出来るようになってきました。

早く起きるとやっぱり気分が良いです。

FBでのやり取りが気持ちいい

今までは、明け方に寝て昼過ぎ(もしくは夕方)に起きる生活をしていました。

そうなると、世間のほとんどの人とずれた時間帯を生きることになります。

 

朝起きて、FBに投稿などをしてそれに対してコメントを頂いたり、反対にコメントをしたりしてやり取りすることがとても気持ちが良いなと感じました。

 

グループ作成してお互いに応援し合う

TLI講座で知り合った友達とFBグループをつくってお互いを応援しあっています。

やはり同じ目的を目指している仲間がいるというのは心強いし、より楽しめる気がしています。

 

今日は何しようかなと考えることができる

僕は現在働いていないので、丸々時間を好きなことに使えます。

これまでの生活だと起きたら一日の大半が終わっている気分になっていました。

早起きすると、時間が増えたような感覚があります。

 

まとめ

小さい頃から早く寝なさい、と言われ続けてきたのでこれまで早く寝ることに対して苦手意識と夜更かしへの憧れがあったのだと思います。

なので、仕事をやめてから夜更かししたいというこれまで抑圧してきた想いが爆発したのだと思います。

 

散々夜更かしをして、もう満足しました。

これからは早起き生活を楽しんでいきたいと思います!

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。