今日から実践可能な「一生お金に困らない生き方」3つのポイント

こんにちは、日高です。

僕は心屋仁之助さんの書いた「一生お金に困らない生き方」という本が大好きです。

人生で一番影響を受けたと言ってもいいかもしれません。

今回は、本の中から今日からでも実践することが出来る「一生お金に困らない生き方」になるための方法を3つのポイントに絞ってご紹介したいと思います。

意味のあることにもないことにも、お金を使う

僕たちは普通に生活していると、「お金は使ってはいけない」「もしもの時のために貯めて置かなければいけない」というような価値観になってしまいがちです。

それは小さい頃からの親の影響であったり、テレビの影響であったり・・・

テレビ番組なんかでは、節約術や賢く貯金をするための特集なんかが人気だったりしますね。

 

お金を使うということは、自分が持っていたお金が支払った先に回っていくということです。

しかもただお金を渡すだけでなく、それと引き換えに僕たちは何らかの価値を受け取っています。

本当は価値を受け取ったはずなのに、目に見えるお金だけを見て「お金が減った」と思ってしまう。

 

心の目を開いて、自分がどんな価値を受け取ったのかに注目することができれば、お金を使うことに対する恐怖心も薄らいでいくのではないでしょうか。

 

お金基準ではなく、好きか嫌いかで選ぶ

お金がいつも足りないと言っている人は、物事を選択する時に「お金基準」で生きていると心屋さんはいいます。

これはたしかに僕にも心当たりのあることで、仕事を選ぶときにも言えることなのだと思います。

時給、月給などで仕事を選ぶと、日々の仕事がどうしても辛くなります。

反対にやりたい仕事を選ぶことが出来れば、多少お給料が安かったとしても日々を充実した気持ちで過ごすことが出来ます。

 

買い物の場合もそうです。

安いからという理由で、大量に買い込んでみたはいいものの、結局食べきれずに腐らせてしまう。

安いからという理由で買ったけど、そのもの自体は気に入っていないので使っていても気持ちが良くない。

 

なのでまずは「お金基準」から「好きか嫌いか基準」に変えてみる。

 

具体的な方法としては、値札を見ずに買い物をしてみるという方法が本の中には書かれています。

最初は勇気が要りますよね^^;

でもここでほんの小さな勇気を出すことが「一生お金に困らない生き方」につながっていくのだと思います。

 

楽しむために頑張ってお金を貯めない

今のつらい状況から抜け出すために、楽しいことをするためにがむしゃらに頑張ってまずはお金を貯めようと考える人も多いと思います。

でも、この考え方で頑張ることが出来るのはほんの少数だと思います。

 

僕は無理でした。

 

もっとお金があれば、安心して生活が出来る。

もっとお金があれば、自分の人生は楽しくなる。

もっと収入を増やすことが出来れば、幸せな人生になる。

 

こう思って仕事を頑張ろうとしましたが、結局頑張りきれず余計に時間とお金を失うということを繰り返してきました。

 

大切なのは、「今」あるお金で楽しむこと。

先に楽しむと決めることです。

 

貯めていた貯金を使ったり、ボーナスを使ったり、周りの頼れる人にお金をもらったり・・・?

 

とにかく「今」使えるお金を使って人生を楽しむという気持ちがお金に対する心のあり方を変えていってくれます。

 

 

まとめ

ここで上げた方法はどれも、これまで逆の生き方をしてきた人にとっては勇気のいることだと思います。

僕もまだまだお金を使うときには不安がよぎります。

 

でも、まずは「やってみる」。

信じてやってみるという姿勢が大切なのだと思います。

 

今まで信じてきたことと逆なことをしようとしているのですから、心の抵抗があって当たり前です。

 

あえてそこを乗り越えてみる。

そうすることで、「一生お金に困らない生き方」がどんどん実現していくのだと思います。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。