ついにエンボディチェアが到着しました

こんにちは、ヒダカです。

去年の年末に新宿のIDC大塚家具さんで注文した、Herman Millerのエンボディチェアが本日ついに到着しました。

2016/12/29に注文して、2017/01/25届いたので納期は約1ヶ月弱。

それほど長くは感じませんでした。

僕のは一番納期が短い仕様を購入したので、他の仕様だったらもっと時間がかかってたと思います。

 

▲今回僕が購入したエンボディチェアの仕様は、グラファイト/グラファイト、背・座バランスブラックというもの。こちらと同じ仕様。

 

大塚家具で購入すると正規の価格からさらに2割引きの値段で購入することができます。

 

▲エンボディチェアの最大の特徴とも言うべき背面部分。様々な動きに追従してくれる構造となっている。

 

▲IDC大塚家具での購入だと、大きな梱包材も持ち帰ってもらえます。ちなみに栃木県への配送は水曜・金曜なら無料。

箱に入った状態だととても大きく感じます。逆に箱から出した状態ならそこまで大きく感じません。

 

▲座面がとても広く、あぐらをかいたり膝を抱えて座ることもできる。

エンボディチェアは座面がとても広いため、色々な座り方ができます。姿勢の自由度は高いです。

 

というわけでエンボディチェアを手に入れたので、この椅子に座ってこれからもガンガン記事をアップしていきたいと思います!

ABOUTこの記事をかいた人

日高 勇太

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。