恥を晒す覚悟をするというお話

こんにちは、ヒダカです。

 

今日は情報発信するにあたって、大切だなーと思う覚悟と言うか心構えみたいなものについて書きたいと思います。

 

僕は2日前にWordPressでブログを立ち上げてブロガーとなったのですが、当然情報発信に対してまだまだ技術的には未熟なわけです。

じゃあどうすれば技術を向上させられるのか?というと、情報を発信し続けることしかないと僕は思っています。

 

 

よく陥りがちな思考としては、「うまくなってからやる」「理解してからやる」と言うものがあります。

スケートを滑れるようになるには、まずはスケート場に行って何回も転びながら練習するのが一番の方法だと思います。

家で「スケートの滑り方」というような本を読んでいても、方法を理解することはできてもスケートを滑れるようにはならないでしょう。

 

 

ではなぜ僕を含め多くの人が「わからないままやる」ということに抵抗を覚えるのかというと、そこには「痛み」を伴うことが多いからだと僕は思います。

ブロガーとして情報発信をするということに関して言うと、

・叩かれるかもしれない

・間違った情報を発信してしまうかもしれない

・自分のことを発信したら嫌われてしまうんじゃないか

・未熟な文章を晒すのが恥ずかしい

というような「痛み」を避けたいという心理が働くんじゃないかなーと思います。

というか、僕の場合は上記のような思考が湧き上がってきます。

 

でもやっぱり情報発信でより豊かな人生を送って行きたいなら、これらの「痛み」とも向き合っていく必要があります。

 

ABOUTこの記事をかいた人

日高 勇太

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。