一生お金に困らない生き方 僕の人生に大きな影響を与えた一冊

こんにちは、ヒダカです。

今回は、僕の人生に大きな影響を与えた一冊である、「一生お金に困らない生き方」心屋仁之助著という本をご紹介したいと思います。

この本で学んだ一番大きなことは、「あり方」についてです。

「やり方」ばかりを学んでもうまくいかないのは、「あり方」に問題があるから。

そんなことを教えてくれた本でした。

 

この本の中からいくつか特に自分の中に残っている考え方を紹介したいと思います。

お金に対するあり方

心屋さんはお金に対するあり方が間違っていると、お金持ちにはなれないといいます。

自分がお金に対してどんなあり方をしているのか、どうすればわかるのか?

それは、以下の質問をすればわかります。

あなたより働いていない上司が自分より高いお給料をもらっていたらどう思う?

この質問を自分にしてみて、「素晴らしい!自分もそうなりたい!」と思った人はお金に肯定的なあり方を持っています。

逆に「働かずにたくさんお金をもらうなんてずるい!ムカつく!」と思う人はお金に否定的な価値観を持っているそうです。

否定的な価値観を持っているという方のほうが多いのではないでしょうか?

 

良いお金も悪いお金もない

僕たちは普段お金に色をつけてみてしまいがちです。

ですが、本来お金に良いお金も悪いお金もないと心屋さんは言います。

 

自分で働いて稼いだお金は良いお金。

ギャンブルで儲けたお金は悪いお金。

じゃあ子供がもらうお小遣いは良いお金?悪いお金?

専業主婦の人が旦那さんからもらうお金は良いお金?悪いお金?

 

お金に対していい悪いという判断をしてしまうと、お金の流れに詰まりができてしまいます。

入ってくるお金や出ていくお金を見張らず判断しない。

どんどん入ってきて、どんどん出せばいい。というわけです。

 

お金の出口を考える

日本人はアメリカ人と比べて、一般の人がする寄付の金額がとても少ないそうです。

アメリカでは寄付をするという行為は成功者としての証として語られますが、日本では売名行為などと批判を受けることもあります。

ここに日本人がお金を貯めたい、使いたくないという価値観を持っていることが表れているとのことです。

お金を何に使うかを考える。

それだけでもお金に対してのあり方は変わってきます。

 

「ない」世界から「ある」世界への転換

「ない」「足りない」と思っていると、「ない」「足りない」現実がやってきます。

自分には「ある」と考えると、「ある」「十分満たされている」現実になります。

まずは無理矢理にでも自分には必要なものは「ある」と考えると、現実が少しずつ変わってきます。

存在給

入ってくるお金には、「歩合給」と「存在給」があるとのことです。

頑張って働いて稼ぐお金は「歩合給」。

ほとんどの人は歩合給でお金を稼ごうと思っています。

ですが、世の中のお金持ちや好きなことをして生きている人たちは「存在給」が高いんです。

 

「存在給」とは、自分が存在するだけでどれだけの価値を自分に認めているかの指標です。

存在給が高い人は息をするようにお金も愛も入ってくると思っています。

だから惜しみなくお金を使ったり、愛情を伝えたりすることができるのです。

神社ミッション

お金を「出す」ためのトレーニングとして、神社ミッションというものを心屋さんは本の中で書いています。

神社ミッションとは、寂れたご利益のなさそうな神社に1万円を入れてみるというものです。

僕も何回かやったことがあります。

 

この神社ミッションの狙いは、お金への執着を手放すことだと僕は思っています。

見返りがなさそうなものにお金を「出す」。

そうすることでお金に対するあり方が少し変化します。

 

 

 

 

まとめ

この本にかかれていることは、お金持ちの人や豊かに生きている人にとってはどれも当たり前のことです。

僕も最初はこの本にかかれていることは全く信じることができませんでした。

それほど、今まで生きてきた価値観とはかけ離れたものでした。

 

ですが、本の内容を少しずつ実践してきて思ったことは、「どうやらこの本に書いてあることは本当らしいぞ・・・?」と言うものでした。

少しずつ腑に落ちてきたのです。

特にお金は「ある」、「入ってくる」ということを最近実感することが多くなりました。

やると決めたら、お金はどこかから入ってくる。

そんな感覚です。

 

この本にかかれていることはお金に限った話だけでなく、愛情・魅力・勇気・強さなど、そういった豊かさ全般に当てはまると思います。

 

これからも折に触れては読み返し、自分と向き合いながら楽しく生きていきたい。

そう思わせてくれる本でした。

 

 

オーディオブックはこちら!

オーディオブック
書影
一生お金に困らない生き方

 

心屋 仁之助
1,296円

 

FeBeで買う

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。