メンタルトレーニングの目的は強い心を作ることではない

メンタルトレーニングというと、強い心を作るためにするもの、ということをイメージされる方も多いかもしれません。

でもそれは半分正解で、半分間違っています。


メンタルトレーニングで目指すのは、何事にも動じない心ではありません。

動じたとしても、自分でその心をケアすることができる技術を身につけることを目指します。

鋼鉄の棒ではなく、しなやかなゴムの棒と言ったイメージでしょうか。

人間ですから、誰でも動揺したり、心を乱したりすることはあります。

でも大切なのは、その心をそのままにするのではなく、自分でケアすることです。

そのための技術を、メンタルトレーニングを通して学ぶことができます。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。