自分で自分の機嫌をとるのは、人間としての機能を高くしていたいから

機嫌のいい時は、人間としての機能が上がっている。

体が軽い。

優しい気持ちになれる。

アイディアがよく思い浮かぶ。


反対に機嫌の悪い時は、人間としての機能が落ちている。

体が重い。

意地悪な気分になる。

頭が回らない。

最近僕は、自分で自分の機嫌をとる練習をしています。

それは、自分の人間としての機能を高くしたいから。

人間としての機能が高ければなんでもできるとは思っていませんが、質の高い人生を送るには機嫌よく生きるというのは不可欠だと思うのです。

まだまだ不機嫌になることもありますが、以前よりは機嫌よくいられる時間は増えてきています。

でも「不機嫌になっちゃいけない!」と自分を追い詰めるとプレッシャーに感じで機嫌が悪くなるので、「機嫌が良くても不機嫌でもいいけど、どうせなら機嫌が良い方がいいよね」とゆるい感じでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日高 勇太

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。