これを意識するようになったらだいぶ気持ちが楽になった

日々生きる上で、人それぞれ意識することが違う。

最近、あることを意識するようにしたらだいぶ気持ちが楽になったので書いておこうと思う。

 

自分は現時点で最大限の行動をしている

僕はこれまで、

・自分はもっと努力するべきだ

・自分には至らない点が数え切れないほどある

・自分は常に怠けている

という思考を頭の中に抱えていた。

 

常に頭のなかで自分自身に対してダメ出しをしていたのだ。

 

確かに僕には至らない点はたくさんあるし、足りないところを見ればたくさんある。

でもいつだってその時点で出来る最大限の行動をしてきたのだ、ということにある時気がついた。

 

誰だってその時出来る最大限の行動をしている

誰だってその時出来る最大限の行動をしているのだ。

その最大限の基準が人によって異なるから、もっと出来るはずだ、もっとやれたはずだ、と言う感覚が他人との比較によって生まれる。

 

例え、今引きこもりだとしても、他人に迷惑をかけっぱなしだとしても、どれだけだめだめな現実だとしても、人はその時点で100%よくやっている。

 

一日寝てばかりいたとしても、あなたはよく頑張っている。

部屋の片付けが思うように出来なくても、あなたは100%よく生きている。

親を悲しませていたとしても同じだ。

 

あー、自分めっちゃがんばってるな〜と自分で認めてしまってもいいのだ。

力を抜いても力を入れてもどんな条件であったとしてもみんな完璧に生きている。

 

そうやって肩の力が抜けた時に心がどんどん楽になっていくし、周りの人との関係もスムーズになっていく。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日高 勇太

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。