どうせ自分は頼りにならないという思い込み

僕の中には、「どうせ自分は頼りにならない」という思い込みがあることに気がつきました。

どうせ誰も自分を頼りになんてしてないから、何もしないでおこう。

自分は役に立たないから何もしないでおこう。

そんな風に感じていました。


多分この感覚も、育ってきた環境が影響しているのかなーと感じます。

特に僕は末っ子で周りの人にお世話される立場にありました。

また母親が過保護で過干渉な傾向にあったので余計にそう思うようになったのだと思います。

男として生まれてきたからには、やっぱり頼りにされるというのは嬉しいものです。

それは仕事でもプライベートでも関係なく。

どうせ自分は頼りにされない、役に立たないと思っていると、自分が弱々しく感じます。

これからはまだ違和感がありますが、「自分は頼りになる存在だ」という前提で生きていきたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。