自分の悪口を言わない

人の悪口は言わないようにしているのに、ついつい自分のこととなると自己否定してしまう。

そんな人って結構いるのではないでしょうか?

自己否定って自分の悪口を言っているのと同じですよね。

 


例えば「自分なんてたいしたことないですから」と言ったり思ったとする。

 

でもそれって「あの人ってたいしたことないですよね」って言ってることと本質的には同じじゃないでしょうか?

何より、「自分なんてたいしたことない」と言ったその瞬間、本当は自分自身が一番傷ついてるのではないでしょうか?

 

 

自分では謙遜しているつもりなのかもしれないけど、傷つくということは本当は自分はすごいと知っているということ。

 

もしも自分を褒めたときに居心地の悪さを感じることがあるなら、もしかしたら過去に素晴らしい自分でいることをやめたきっかけがあるのかもしれません。

 

素晴らしい自分でいたら痛い目にあった、生きていけなかった、やってられなかった。

そのへんを追求していくと、ずっと楽に生きていけるかもしれません。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

日高 勇太

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。