「誰かのために」がしっくりこないなら、「全体のために」を意識してみよう

あなたは「もっと相手のことを考えろ!」と誰かに叱られたことはありますか?

僕は何回もあります笑

でもそんなこと言われてもなんだかしっくり来なかったんですよね。。。

 

「相手のことを考えろ!」は「お前のことなんてどうでもいい」という風に聞こえる

僕が「相手のことを考えろ!」と言われた時に感じるのは、「お前のことなんてどうでもいいから、先方もしくは自分に迷惑をかけるな」と言われているように聞こえるということです。

でもそれっておかしいですよね?

自分を犠牲にして、本当に相手の役に立つことは出来ない。

自分の感情は押し殺して相手に尽くす、相手の機嫌を伺う、人の役に立とうとする。

そんなものはハリボテに過ぎません。

必ずいつか破綻します。

なにより自分自身が辛いです。

 

「相手のこと」を考えるがしっくりこないなら「全体のこと」を考える

「相手のこと」を考えるというと、どうも自分自身が不在になっているような感覚になります。

自分のことはとりあえず置いといて、相手を不快にさせないようにする。

ある意味他人軸ともいえます。

 

それよりも「全体」のことを考える。

もちろんその「全体」には自分自身も含まれます。

「私」も「あなた」も「あの人」も。

みんなが幸せになれる方法を考える。または全体を意識して行動する。

 

そんなことをふと思いました。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

日高 勇太

本名:日髙 勇太(ひだか ゆうた) 1985年2月17日生まれ。32歳。 2009年…24歳の時に初めて入社した会社で、自らの無価値感・無力感に絶望したことをきっかけに心理学に興味を持ち始める。 その後精神的につぶれてしまい、その会社を退職。 自分は社会不適合者であると、自分を責める日々をしばらく送ることになる。 2017年2月から立花岳志・大塚あやこ夫妻が主催する、ツナゲル・ライフ・インテグレーション(TLI)講座を受講。 これまでの生きづらさ、これからの生き方について学びを深める。 同年6月、岡部明美・立花岳志・大塚あやこのトリプル講師陣による3days湘南ワークショップに参加。 これらの学びの中で、心のことに携わる活動をしていきたいと思うようになる。 現在、心理カウンセラー・ブロガーとしてブログ「アビスの果てに」にて心のこと、思うこと、グルメ情報などを発信しながら、心のことに関わる活動の準備を進めている。